共有・リンク設定でカロリーシリーズが起動時に「OS エラー6」が出る現象について

共有・リンク設定でカロリーシリーズが起動時に「OS エラー6」が出る現象について
2019/1/11

共有・リンク設定でカロリーシリーズが起動時に「OS エラー6」が出る現象について

2019年1月9日以降にてWindows7のWindowsUpdateを適用後、共有設定およびリンク設定の子機で「OS エラー6」とメッセージが表示され、起動できないケースがあることを確認しています。

これは2019年1月9日にWindowsUpdateにてインストールされた「セキュリティ更新プログラム(KB4480970)および(KB4480960)」の影響で起きている現象になります。
現在(2019/1/11時点)のところ「Windows7」のみ発生する現象になります。
※1台でカロリーシリーズを運用中の方には影響はありません。

エラーで子機が起動できない場合は、下記の対処方法を親機子機すべて行ってください。

<<【注意】以下の作業はPCの再起動や作業に時間がかかる場合がありますので、時間の余裕のある時に行ってください。>>

<<対処方法>>
  1. コントロールパネルを開き、「プログラムのアンインストール」を開きます。 セキュリティ更新プログラムのアンインストール画面01
  2. プログラムと機能の画面から「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。 セキュリティ更新プログラムのアンインストール画面02
  3. [Microsoft Windows]の項目の「KB4480970」のセキュリティ更新プログラムを選択
    ②選択後、上部のアンインストールより、このプログラムを削除します。
     また「KB4480960」のセキュリティ更新プログラムもあれば、同じく選択し、アンインストールをしてください。
    ※アンインストールに多少時間を要する場合があります セキュリティ更新プログラムのアンインストール画面03
  4. アンインストール後、「PCの再起動」を促されるので、PCの再起動をお願いします。

    ※再起動後、共有フォルダにアクセスできるか確認をしてください(エクスプローラから共有フォルダを開くか、起動しないカロリーシリーズの問題が解決したかを確認)

    ●今回の更新プログラムがインストールされないようにする設定

  1. コントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」を開きます。 アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする01
  2. 「Windows Update」を開きます。 アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする02
  3. 「Windows Update」の画面にて更新プログラムの確認をクリックします。
    ※環境によって多少時間がかかります アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする03
  4. 「○個の重要な更新プログラムが利用可能です」と表示されるので、クリックします。 アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする04
  5. リストに表示されている「~(KB4480970)」を選択し、右クリックから「更新プログラムの非表示」を選択します。
    「~(KB4480960)」もあれば、同じく非表示にしてください。 アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする05
  6. 画面を戻り、「非表示の更新プログラムの再表示」をクリックします。 アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする06
  7. 先ほど非表示にしました「~(KB4480970)」および「~(KB4480960)」があることを確認します。 アンインストールしたセキュリティ更新プログラムを非表示にする07

献立に関する作業全般が効率よく、スムーズになりました
特別養護老人ホーム伸幸 様

栄養事務の効率がよくなり、サポートも充実しています
東京都 C病院様

詳細を読む

全国の導入実績を見る

無料体験版CDプレゼント!

ホームへ戻る