オーダリング・電子カルテ・医事システムとの連携

オーダリング、電子カルテや医事会計システムと連携すると個人管理の入力業務がなくなり、献立入力、調理指示、発注業務などに専念できるようになります。効率よく業務が処理できるので臨床栄養が可能になってきます。

連携できるデータは個人コード、患者名、性別、生年月日、の属性情報はもちろん、病棟、病室、食種、開始日、変更、禁食情報など食事箋情報も連携できます。


ご利用のメディカロリーデータは通常どおりお使い頂けます。電子カルテ・オーダリング導入で他社製品栄養管理ソフトに載せ替える必要はありません。

詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。

オーダリング・電子カルテ 栄養管理室
病棟
食事箋/入退院情報
医事システム
事務室
患者属性
医事算定情報
共有設定ソフトを利用して複数の端末でメディカロリーを運用できます。
電子カルテ・オーダリングと接続
電子カルテ・オーダリング メディカロリー 個人管理
  • 個人コード
  • 患者名
  • 性別
  • 生年月日
  • 開始日
  • 開始食事区分
  • 病棟
  • 病室
  • 食種
  • 加算区分
  • 禁食情報
  • etc...
自動入力 個人管理入力作業がなくなります。
閉じる