Windows10、8.1、8、7、Vista 対応について
  2015/8月情報(2016/11/15更新)  
カロリーシリーズをWindows8・Windows7およびWindowsVistaで運用されるユーザー様は以下の注意が必要です。
1. Windows10、8.1、8、7、Vistaにカロリーシリーズをインストールするには、バージョン5.75.0929以降でセットアップする必要があります。
5.75.0929より前のバージョンのセットアップでは正しくインストールが実行されません。
5.75.0929〜5.75.1030では正しくインストールできますが、下記3.の問題があります。
以前のバージョンのセットアップは見かけ上、正しく行えますが、セットアップ後一度削除(アンインストール)して再セットアップすると、削除したシステムの状態になってしまいます。
例えば、再セットアップしたバージョンが、最初にセットアップしたバージョンに戻ってしまいます。アップデートをしてもバージョンが変わりません。
極端な例ではメディカロリーをセットアップ後、一度削除して、プロカロリーをセットアップしてもメディカロリーになってしまいます。
これはWindowsVista以降でセキュリティ関連が強化され、一般ユーザーレベルのレジストリへのアクセスの仕様が変更されたことによるものです。
対応策としては、Windows10、8.1、8、7、Vistaのインストールに対応したバージョンで再セットアップする必要があります。

2. WindowsXP SP2からWindowsVista以降へのOSのアップグレードが可能ですが、1.と同じ理由で以前のバージョンのカロリーシリーズは正しく動作しません。
WindowsVista以降のインストールに対応したバージョンで再セットアップする必要があります。または再セットアップせずにアップデートする方法もありますがVer5.50.0715以前のバージョンでインストールしたシステムではマルチユーザーは正しく動作しません。

3. カロリーシリーズのバージョン5.76.0122より前のバージョンではヘルプが開かない。
これはWindowsVista以降で旧式のヘルプシステムをサポートしない方針を打ち出しているためです。
弊社カロリーシリーズはこれまでWindows95を含めて動作保証しているため、ヘルプもWindows95でも開けるヘルプを採用していました。
WindowsVista以降ではヘルプシステムの変更により、マイクロソフト社から提供される「WinHlp32.exe」をインストールしなければヘルプが参照できません。
対応策として、Microsoftダウンロードセンターよりプログラムをダウンロードし、コンピュータにインストールする必要があります。
またはカロリーシリーズを5.76.0122以降にアップデートしてください。
カロリーシリーズのバージョン5.76.0122ではヘルプシステムを一新して、WindowsVista以降でも上記のマイクロソフト社から提供される「WinHlp32.exe」をインストールしなくてもヘルプを開けるようにしました。




=============================================================================================================
32 ビットの .hlp ファイルの使用を希望するユーザーは、下記Microsoft ダウンロード センターから
プログラムをダウンロードし、コンピュータにインストールする必要があります。
(以上マイクロソフト社『Windows ヘルプ プログラム (WinHlp32.exe) が Windows に含まれなくなる』より抜粋

WindowsVista・7用 http://support.microsoft.com/kb/917607/
Windows8用 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35449
=============================================================================================================



ハードウェアの仕様
基本ソフトウェア(OS) 日本語版MicrosoftWindows10、8、7(64bit、32bit)、Vistaが必要。
本体CPU/メモリ 使用するMicrosoftWindowsが推奨する本体、CPU、メモリを搭載するパーソナルコンピュータ。
キーボード/マウス/プリンタ MicrosoftWindowsで使用可能なもの。
ディスプレイ 本体に接続可能で 1024×600 ドット 256色以上表示可能なMicrosoftWindows対応ディスプレイ。
ディスクドライブ CD-ROMドライブ1台以上、ハードディスクドライブ1台以上必須。セットアップ時にHD空き容量300MB以上必要。
入力されるデータ量に応じてハードディスクを占有します。
推奨500MB以上の空き容量。
バックアップ装置 外付けハードディスク、USBメモリなど。
※接続する装置・周辺機器は使用するパソコン本体・基本ソフトに依存しますので使用に関しては注意が必要です。
※日本語版MicrosoftWindows10、8、7、Vistaは、米国MicrosoftCorporationの米国及びその他における登録商標です。
※このソフトウェアの内容は予告なしに変更することがあります。

現在WindowsXPなどでカロリーシリーズを使用中のユーザー様がWindowsVista以降へ載せ替えを行うには、対応バージョンのCDでのセットアップの必要があります。
データの移行に関しましては、現在お使いのデータをそのまま移行してお使いになれますのでご安心ください。

WindowsVista以降の現在までの動作検証結果をお知らせします。カロリーシリーズのセットアップ、アップデート。その他についてPDFファイルで公開します。右ボタンで保存を選択してダウンロードして参照ください。必要に応じて印刷も可能です。
セットアップ時の注意点 アップデート時の注意点
PDFファイルを参照するには「Adobe Acrobat Reder」が必要になります。こちらからダウンロードできます





このページを閉じる