電話 メール 資料請求 製品情報

news新着情報

新着情報

文部科学省より「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」情報が更新されました。

2020.12.25

以下、抜粋です。詳細についてはリンク先をご確認ください。

改訂のポイントは、
①冷凍、チルド、レトルトなどの形態で流通する調理済み食品の充実
②炭水化物の細分化とエネルギー計算方法の変更
③2016年以降公表した追補成分表等の改訂内容の統合・整合化です。
さらに、「2019年における日本食品標準成分表2015年版(七訂)のデータ更新」公表後に追加された、カップラーメンの汁を飲まない場合の成分値、流通する漬物類の再分析、果実類のビタミンKの見直し等も、収載されています。

注目すべきポイントとして 新たに調理済み流通食品として、事業者から収集した原材料配合割合に基づく惣菜、調理済み冷凍食品等の成分値を収載していますので、原材料比が不明の場合等には、これらの調理済み状態の成分値で栄養計算をすることが可能です。
また、各組成成分表を用いて各食品のアミノ酸スコアや、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の摂取量、しょ糖やでん粉の摂取量をきめ細かく推計することが可能です。

参照URL:https://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/index.htm(外部リンク 文部科学省)

前のページへ戻る